裁判業務や成年後見制度に関するご相談。

  • 相続・遺言
  • 不動産関連
  • 商業登記
  • 裁判・成年後見
  • 行政書士業務

裁判・成年後見

  • HOME
  • 裁判・成年後見

裁判業務

「裁判と言えば弁護士だけど、弁護士は敷居が高そう…。
しかし、自分で進めるのは不安が…。」

そんなお悩みをお持ちの方は街の法律家である司法書士にお任せ下さい。認定を受けた司法書士は訴額140万円以内の簡易裁判については弁護士同様、代理人となることができます。

また、訴額140万円を超える場合でも書類作成などで本人手続きのご支援も可能です。

司法書士依頼のメリット

専門的知識により問題点を把握

法律は複雑なため、何をどうすべきか見当がつかず、不安になられることは当然です。司法書士は、業務経験から、様々な問題点を把握できます。

民事裁判のルール遵守で思わぬ不利益の回避

民事裁判には一定のルールがあり、このルールに従わなければ、主張したいことも主張できなくなることがあります。司法書士は法律の専門家としてこのようなルールも網羅していることから、思わぬ不利益を被ることもありません。

裁判手続が迅速・ 確実に!

裁判手続きには、状況に応じて、いろいろな専門的書類を作成する必要があります。司法書士は、法律知識・業務経験から、迅速・ 確実に手続きすることができます。

裁判業務に関するよくあるご質問

成年後見制度

成年後見は精神上の障害などで判断能力が十分でない方が不利益を被らないように、援助してくれる後見人を指定する制度です。
成年後見制度は精神上の障害により判断能力が十分でない方の保護を図りつつ、自己決定権の尊重、残存能力の活用、家庭や地域で通常の生活をすることができるような社会を目指すというノーマライゼーションの理念をその主旨としています。
そのため、成年後見人が選任されても買物など日常生活に必要な範囲の行為は本人が自由にすることができます。

当司法書士事務所では、後見人として、直接ご本人様をサポートすることを含め、法定後見申立書類作成や後見事務のサポートを行っています。

成年後見・任意後見のメリット

財産を守ることができる!

代理人が財産管理を行いますので、ご自身に判断能力がなくても財産を守ることができます。

安全・安心!

代理人は、親族や専門家(司法書士・弁護士など)から家庭裁判所が選びます。また、事前にご自身で代理人と契約することもできますが(任意後見)、この場合も障害発生時に家庭裁判所が関与します。代理人の選任、手続運用ともに安全で安心です。

もしものときでも意思を尊重!

この先、いつ何が起こるかは誰にもわかりません。あらかじめ、任意後見を活用しておけば、何が起きても、代理人がご自身の意思を反映するよう手続きします。

成年後見制度に関するよくあるご質問
敷居の低い地位密着の事務所です。お気軽にお話ください。
竹内事務所

JR東海道本線 東刈谷駅徒歩5分

〒448-0802 愛知県刈谷市末広町一丁目20-7

TEL:0566-24-7034メールでのお問い合わせ

  • 費用・料金
  • よくある質問
  • お知らせ
  • 本人確認及び意思確認が必要です